海洋葬で散骨して海に還る

葬儀を終えたら火葬し、遺骨をお墓におさめたり、お寺に預けたりするのが一般的でした。


しかしお墓を持たない人が増えたり、日頃からお世話になっているお寺がないということもあり、散骨という方法を選ぶ人が増えています。



散骨は、山や川、海など自然の中で遺骨を撒く方法です。

All Aboutの様々な相談を受けることができます。

海や川に遺骨を撒くことを海洋葬と呼びます。

神奈川の海洋葬情報が様々な条件で検索可能です。

海洋葬は、人間も動物や植物と同じ、自然サイクルの中の1つだと考え、死後は自然の中に還るという考えから行う葬送方法です。

海洋葬を行うときは、周囲に迷惑をかけないようにいくつかマナーがあります。その1つが、遺骨はパウダー状に粉砕する必要があるということです。

遺骨のままであれば、人によっては嫌な気分になってしまうことがありますから、粉骨することは重要です。

粉骨は自分で行うこともできますが、親しい人の遺骨であればできないこともあります。

そういうときは、葬儀業者や海洋葬を請け負っている業者に依頼するといいでしょう。
専用の機械を使って粉骨してもらうことができます。

そしてもう1つのマナーは、海だからといってどこでも散骨していいわけではありません。
自治体によっては散骨を禁止している場合もありますから、散骨する前に自治体に確認しましょう。

そして海岸近くもやはり人に迷惑をかけてしまいますから、海岸から沖に出たところで行います。

沖で散骨するときは、専用の船やクルーザーをチャーターすると便利です。海洋葬をお手伝いしてくれる業者に依頼すれば、船やクルーザーの手配をしてくれます。