永代供養墓とはどんなお墓

永代供養墓とはお墓参りが困難になってお墓の維持管理が出来ない・後継ぎがいない・お墓を作らない等様々な理由でお寺に永代供養料を支払って、お寺が依頼者の代わりに永代に渡り維持・管理・供養をする事です。


一般のお墓との永代供養墓との相違点は、お墓参りをしなくてもお寺が代わりに供養する・墓石を作らないので料金はお寺に払う永代供養料等なので高額にはならない・一度使用料を支払えば一切の費用がかからない・宗教宗派は問わずに供養されます。



永代供養墓ではどのように供養されるのか疑問に思われる方も多いと思います。

OKWaveの珍しい情報をご紹介しています。

お寺によっては、供養の方法などは様々なので、疑問を感じたり、不安感を抱くようであればお寺に問い合わせてみるとようでしょう。

千葉の永代供養墓の有益な情報のご紹介です。

一般的にされている供養の方法は、毎年の春の彼岸・お盆・秋の彼岸時に合同供養を行う・年に1回又は月に1回の供養を行う・回忌による供養を行う等です。

永代に渡りお寺が維持・管理・供養を取り行うので、基本的には心配事は皆無です。遺骨を永代供養墓に納骨する場合は、こちらもお寺によってさまざまです。

合祀と言われるもので、遺骨を土に還す方法と33回忌まで骨壷のまま管理してその後合祀るす方法・遺骨の一部を33回忌まで管理し他の部分は納骨時に合祀する方法があります。

また遺骨を移動しお墓を更地にする場合は、改葬許可が必要となるので役所で改葬許可証を出してもらわなければなりません。

また納骨するので埋葬許可証の発行も行わなければなりませんので注意が必要となります。