永代供養の意味と一般の墓との違い

永代供養墓とは親族に代わってお寺などが責任を持って、未来永劫、管理し、供養してもらえるお墓のことです。


核家族化や少子化などの影響を受け、最近、永代供養を選ぶ人が多くなりつつあります。

役立つ東京の永代供養情報に精通したサイトです。

永代供養墓と一般のお墓の大きな違いは他の人と一緒の墓、または同じ納骨室もしくは棚に安置されるということです。



それによって、一般の墓よりも、墓地使用量が割安になるなどのメリットがあります。

OKWaveをご紹介します。

その上、合祀する場合は墓石代もかからないので、料金を安く抑えることが出来ます。

他人と一緒の合祀墓とは言え、普通のお墓と同じように墓参りも可能です。また、宗旨宗派も問われません。

永代供養の納骨の方法は遺骨を骨壷から出し、一箇所にまとめて土に還すという方法の他に、一定期間骨壷の中に置いておいて、時期が済んだら合祀する方法、または、遺骨を分骨し、一部を永代に安置し、残りを合祀するという方法があります。

料金や永代供養のやり方は決まっておらず、お寺によって様々です。

また、生前予約も受け付けられているので、独身の人や、子供や身寄りのない人などにはお墓の将来のことについての不安から解消されるという意味からもおすすめです。
ただ、合祀される場合、他人の骨と一緒になってしまうため、あとで取り出そうと思っても出来ないと言うことや、形式によってはお墓参りをする故人の墓石がないために、ご遺族がいる場合には感情的な面で配慮も必要になってくるでしょう。