増えつつある自然葬、その魅力とは?

葬儀の形は、時代と共に、変化していきます。


少子化、高齢化社会という現代、葬儀にお金をかけたくないという方や、先祖代々墓を守っていく後継ぎがいないという方も増え、従来の葬儀や墓の在り方が問われる時代となりました。

注目のNAVERまとめの情報が欲しい方必見です。

このような背景の中、注目をあびはじめているのが、「自然葬」というスタイルです。



自然葬と言うと、皆さんはどのようなイメージを持つでしょうか。



海洋散骨や、自然の中に埋葬すると言ったスタイルを思い浮かべる方も多いでしょう。

実際に、散骨や樹木葬がメインとなっており、通常の葬儀よりもコストを大幅に抑えることが出来るのが特徴です。海洋散骨などの場合は、初期費用以外の維持費などはかからない上、宗教に関わらず行うことができます。

また、死んだら人は、自然に還るという思想が、遺族などの悲しみやさみしさを和らげることもあります。

樹木葬の場合は、散骨と異なり、いくつかの規定があります。

埋葬する場所は、通常のお墓同様、許可を得なければなりません。
ですから、墓石の代わりに樹木などを墓碑として遺骨を埋葬する葬送方法と考えた方が良いでしょう。

死後も、樹木となって共に生き続けるという考え方もあり、近年増加傾向にあるスタイルとも言えます。
いずれにしても、自身の葬儀のスタイルを生前に選択しておくことは、残された人々や家族の負担を減らすことになります。

自然葬を希望する場合は、事前に家族や親族の同意を得るのが賢明でしょう。